涙をながすことが意外に効果

クリアリンを使いすぎるのも良くない?

うさぎちゃんのように赤くなった目を、真っ白に戻してくれるクリアリン。ただし、目をキレイにしてくれるクリアリンですが、ある程度デメリットも有るために、そこら辺は考えて使いたいもの。

 

充血は、疲れ目、かすみ目、ドライアイ、コンタクトレンズの仕様などで起こってしまいます。そのために、クリアリンや市販の目薬を利用する人も多いと思う。いちじるしく使用期限が長く設定されていますが、これはその目薬に防腐剤が含まれているから。つまり、期間がながければ、それだけ効果も薄まり、副作用が起こりやすいと言われています。

 

エアコンによる感想、スマフォやPCの使いすぎで乾燥している目に目薬を挿すと、防腐剤が眼球の表面に残り、角膜上皮を傷つきてしまう。

 

人間の目にとって最高の目薬は、、、涙だと言われています。まぁ、即効性はありませんが、悲しむようなことを感あえて、涙をながすのもひとつの手かもしれない。目が乾いたり、ゴロゴロ感が気になったりするときは、涙をながすのが一番。

 

涙の主成分は水で、その中にカリウム、カルシウム、ビタミン、塩素などの栄養分が少量含まれ、この部分が充血を抑えてくれる。ただ、目薬を挿すと、目に本来必要な栄養をアライがなしてしまうこともあり、結果的に副作用として、充血になったり、痛みを起こしたりすると言われる。なので、一番は、無理をせず、目を休ませたり、涙をながすこと。ちょっとした事で効果を発揮してくれるかと思います。