症状によって目薬を使い分ける

色々な目薬

クリアリンはビタミン・アミノ酸などが含まれているタイプの目薬になります。その他にも目薬には、花粉そう、結膜炎、人工涙液など、いろんなタイプが有るために、自分の症状にあったものを使うようにしましょう。

 

クリアリンなどは、ピント調節機能改善成分「ネオスチグミンメチル硫酸塩」や、アミノ酸、ビタミンなどの目薬をこまめに配合されていますね。

 

ただし、防腐剤が含まれているために、開封してからは1ヶ月以内に使うこと。筋肉がほぐれるようにマッサージなどもおこなうと効果的と言われている。蒸しタオルなどをまぶたに乗せて、湿り気と温かいを使い分けておくこと。

 

それから、花粉症の人が使う目薬が抗ヒスタミン成分が含まれているタイプ。
ケトチフェンフマル塩酸など抗アレルギー成分の入った薬。アレルギーによる痒みや充血を抑えてくれますね。ただし、アレルギーや花粉症の薬を服用している場合には、目薬との結合で副作用が起こることが有るために注意。まずは、病院で指導を受けることが大事になりますね。

 

目が痒いだけでなく粘りの高い黄色い目やに、ベタつきなどは抗生物質が関係すると言われています。これは結膜炎の疑いがあるために、専用の目薬を使わないと効果がありません。結膜炎には抗生物質のサフファ剤を含んだ目薬が効果的と言われています。

 

ただし、数日を使って症状が改善されないことも有るために、このようなときは内服薬などに切り替わるので、病院に受信をすること。

 

目薬にもいろんなタイプが有るために、自分にとってどのようなものが必要なのかは、自分で判断するよりも、まずは病院で検査を受けることが重要になりますね。