ちょっとしたことで目の乾きの予防につながります

最低限のことはしておきたいものだとは思っていますが、どうしても充血するときにだけ目薬を使うようにしています。

 

季節的なものや場所によってドライアイが影響して目が赤くなってしまうのですが、その時でも、最低限のことをすれば、予防はできるかと思います。

 

空気が乾燥すると、眼の表面から涙が蒸発して乾きやすくなりますが、それは寒い冬の時期に乾燥しやすくなります。このためドライアイの人の多くは園の空気が乾燥し始める。

 

 

じゃあ湿度の高い夏場なら大丈夫かというと、そうではなく、質なおでエアコンなどをガンガン使っていると、目が乾いてしまうために、結局のところオールシーズン職場でも家庭でも快適な環境を求めて空調コントロールされていないと、ドライアイの影響で目が乾き充血が起こりやすくなります。

 

こうした状況で乾いた目を放置すると、その眼の表面い傷がついて最近感想や視力低下に繋がるそそれもあるので、目がしょぼしょぼしたり、重たい感じがしたり、充血したら、ドライアイ専用の目薬をさすか、あまりにも症状がひどい時は眼科で診てもらうこと。

 

夏場などで一日中エアコンが必要な場合は加湿器を利用したりとか、濡れたタオルを近くにおいているだけでもドライアイの予防にはなるために、少しでも意識することが重要になるかと思います。